委員会紹介

  • HOME »
  • 委員会紹介

総務広報委員会

構成メンバー

担当専務理事 杉 山 孝 俊
委員長 山 田 将 広
副委員長 伊 東 孝 弘
委員 渡 邊 みゆき / 岡 本 哲 志 / 熊 谷 正 史

委員長基本方針

 とめ青年会議所は1970年に誕生して以来、「明るい豊かな社会の実現」を目指して、地域を牽引するリーダーとして市民意識の変革を促す運動を50年間展開し続けて参りました。こうして長きにわたって運動を紡いでこられたのはJAYCEEとしての基礎と先輩方が築きあげてきた強固な規律による組織力があったからであり、この受け継がれてきた歴史を失わずに、より質の高いJC運動として次世代へつなげて行く必要があります。
 まずは、総会や理事会、各種会議の場において有意義で活発な議論を交わすために、不備の無い準備や設営と正確な議事録作成を期日まで確実に行うことで、議事の場をより円滑で実りあるものとします。そして、とめ青年会議所の認知度を向上させるために、ホームページの適切な管理、運営による各委員会が行う例会、事業の発信を手助けするとともに、創立50周年事業とタイアップした広報誌の発行をすることで、広範囲に運動を発信します。さらに、例会や事業に対するメンバーの参加意欲を向上させるために、SNS等を活用して、日々の活動をタイムリーに発信し続けていくことで、LOM内における情報を共有化します。また、先輩から受け継いできた組織力や伝統を次代へつなげていくために、次年度役員選考委員選出選挙の適正かつ公正な運営を行うことで、次年度の組織構築を円滑なものとします。そして、各種大会等の数多くの学びの機会を効果的に活用するために、入会歴の浅いメンバーを中心にセレモニー、JC三信条、JC運動の意義を理解する上で必要となる研修を行うことで、JAYCEEとして学ぶ基礎を強固なものとします。
 基礎を身に付け、真のJAYCEEへと成長した我々が同じ志のもとに地域を牽引するリーダーとして団結し、組織的に展開する運動がこの地域に対して広域的かつ効果的に浸透し、意識変革を遂げた市民と我々が一丸となって、限りなく光り輝くとめを創造します。

事業計画

1.総会、理事会の円滑な運営、資料および議事録の作成
2.広報誌の発行およびホームページ及びSNS等の運営管理
3.JCの基礎を学ぶ事業の実施
4.次年度役員選考委員選出選挙の実施
5. メンバーに向けた情報の発信
6.積極的な会員の拡大

地域の未来創造委員会

構成メンバー

担当副理事長 千 葉 隼 人
委員長 猪 股 圭太郎
副委員長 岩 渕     陽
委員 加 藤 瑞 生 / 渡 邊 慎 伍

委員長基本方針

 若者の都会流出や少子高齢化による将来への不安は、国内の多くの地方都市が抱える大きな課題でありますが、市民一人ひとりが個性や能力を発揮し、まちの魅力を引き出している地域も存在します。私たちは次世代のまちの担い手を育む責任世代として、学校教育の場に限らず子供達を健全に育める環境を創出していき、子供達が愛郷心とリーダーシップを十分に発揮しながら、まちを飛躍的に発展させる大人への成長を促す必要があります。
 まずは、市民や地域を巻き込んだJC運動を展開するために、新年式典並びに祝賀会を開催し、登米市内関係諸団体や自治体の皆様に対してとめJCの事業紹介の場を設け、我々の活動内容を知ってもらうことで、交流を深めネットワークを強化します。そして、子供達の目標へ向かうひたむきなチャレンジ精神を育むために、ミニバスケットボール大会を開催し、講師のプロバスケットボール選手の日々の努力や強いプロ意識に直接触れることで、何事にも挑戦し続けることの大切さを学ばせます。さらに、まちづくりに対し広い視野を持ってもらうために、地域が持つ可能性や将来への展望について、大人と子供達が共にディベートを行うことで、子供達の健やかで柔軟な発想力を育みます。また、子供達の市政への興味関心を呼び起こすために、登米市子供議会を開催し、実際に議員として行政へと質問を考え投げかけることで、政治参画への当事者意識を確立させます。そして、子供達を能動的な市民へと成長させるために、子供達がグループワークを行い、新たなまちづくりプランを策定し代表提言をすることで、積極的なまちの担い手意識を醸成します。
 様々な機会を通し多くの出会いと多種多様な価値観に触れ、他者を尊重することや、地域の可能性を追求することの大切さを学んだ子供達が、地域に対し能動的な市民が多く住まう魅力溢れるまちへと発展させる牽引役となって、限りなく光り輝くとめを創造します。

事業計画

1.新年式典並びに祝賀会の開催
2.子供議員就任式の開催
3.JCミニバスケットボール大会事業の実施
4.子供議員地域の魅力体験の実施
5.子供議会事前事業の実施
6.登米市子供議会の開催
7.積極的な会員の拡大

地域の魅力発信委員会

構成メンバー

担当副理事長 佐々木 和 樹
委員長 志 賀 昭 洋
副委員長 金 野 正 太 / 佐々木 雄 哉
委員 境     哲 男 / 近 藤     翼 / 佐 藤 利 尚 / 桑 原 裕 也

委員長基本方針

 我々の住み暮らす登米市は、他の自治体と同様に少子高齢化や人口減少が進んでおり、行政が取り組む対策として移住者や定住者の増加や交流人口の拡大が求められています。登米市には豊富な水資源や、みやぎの明治村と呼ばれる情緒溢れる街並み、無形文化遺産に登録された米川の水かぶり、四百余年と続く登米市佐沼夏祭りなど、魅力的な資源が多数存在し、登米市の認知度向上はもとより地域が有する価値を高めていくことが必要です。
 まずは、登米市の有する魅力を知っていただくために、多数の来場者が見込まれる東北風土マラソン&フェスティバルにおいて、登米市内各地の魅力的な資源を集めPRすることで、来場者に登米市の魅力の発信者となっていただきます。そして、登米市神輿祭の参加者の増加を図るために、SNSを効果的に活用した広報を行い、神輿の担ぎ手やボランティアの参加人数を増やすことで、登米市佐沼夏祭りを交流人口拡大の場として発展させます。さらに、登米市佐沼夏祭りが登米市最大の夏祭りであることの理解を深めるために、地域団体に直接参加を呼びかけることで、市民が参加可能な地域の祭事としての認知度向上を図ります。また、市民のまちづくりに対する当事者意識を養うために、我々一人ひとりが主催者である自覚を持ち積極的な働きかけを行う組織を構築することで、歴史と伝統ある祭りの担い手を育成します。そして、我々の運動を市民の心を動かす原動力とするために、市民や地域団体との交流事業を開催し、同じ地域に住まう仲間としてメンバーと市民のつながりを強固にし、絆を深め協働することで、今後の登米市の発展に寄与します。
 登米市が有する魅力が人々に伝播され、そこに存在する魅力的な資源の一つ一つの認知度や価値が高まり、市民一人ひとりが誇りと郷土愛に溢れ、訪れた人々が再び訪れたいと感じる故郷のようなまちとして存在意義を確立した、限りなく光り輝くとめを創造します。

事業計画

1.東北風土マラソン&フェスティバル内での魅力発信事業
2.登米市佐沼夏祭りへの参画
3.第5回登米市神輿祭の開催
4.市民や地域団体との交流事業の開催
5.積極的な会員の拡大

会員拡大委員会

構成メンバー

担当副理事長 松 永     務
委員長 熊 谷 英 敏
副委員長 伊 藤 清太朗
委員 渡 邊 光太郎

委員長基本方針

 近年の少子化や後継者不足、中央集権による都市部への人口流出などを原因として、一部を除くLOMでは会員数が減少傾向であり、会員拡大は各LOMに共通する果敢に挑むべき課題であります。私たちはその現実と真摯に向き合い、先輩諸兄より半世紀もの間受け継いできた伝統と精神を絶やさず、メンバー一人ひとりがリーダーとしての資質を高めながら、より多くの同志とともにJC運動を次の半世紀へ継承していく必要があります。
 まずは、会員拡大を永続的なものにするために、前年度の会員拡大に関わる事業からの引継ぎと会員候補者リストのバージョンアップを行いメンバー間の情報を共有することで、会員拡大に対するメンバーの意識変革を行います。そして、会員候補者の入会までの確度を高めるために、とめ青年会議所の活動内容を紹介する案内を作成するとともに、様々な業種の方を対象とした交流会を開催することで、私たちの運動に関して深く認識して頂きます。さらに、メンバーが地域を牽引するリーダーとなるために、自己成長意欲を喚起する事業を開催し、互いに切磋琢磨しながらいかなる高みへも積極的に挑戦する力を引き出すことで、自身の可能性を肯定的に認識します。また、とめ青年会議所を次代に続く強い組織へ発展させるために、会員候補者を巻き込んだ交流事業を開催し相互の絆を深めることで、今後も途切れることのない友情を育みます。そして、日頃私たちを最も近くで支えて頂いている方々からJC運動にさらなる協力を得るために、メンバーと家族が交流する場を設け感謝の想いを直接伝えることで、家族の笑顔と喜びに溢れた時間を創出します。
 組織の根幹をなす会員拡大への使命感で、自らに責任と誇りを抱いたとめ青年会議所メンバー一人ひとりが、最重要課題への挑戦を通して私たちの運動に共鳴した同志とともに構築した揺るぎない組織力は、正路を邁進しながら限りなく光り輝くとめを創造します。

事業計画

1.積極的な会員の拡大
2.会員拡大に対する意識変革を図る会員候補者リストの作成
3.会員候補者を巻き込んだ交流事業の開催
4.会員候補者向け案内の作成並びに多業種の方を対象とした交流会の開催
5.自己成長意欲を喚起する事業の開催
6.会員と家族の親睦事業の開催

創立50周年プロジェクト実行委員会

構成メンバー

委員長 渡 邊 光太郎
副委員長 山 田 将 広
委員 以下全メンバー

委員長基本方針

 激動と変革の70年代といわれた幕開けの年、1970年9月登米郡8町の未来を考え情熱ある青年47名がこの地域を明るく豊かなものにしたいとの想いと古川青年会議所からのアプローチ、絶大な尽力により全国で451番目となる佐沼青年会議所が産声を上げました。創立より50年、明るい豊かな社会の実現を目指し英知と勇気と情熱をもって連綿と続いてきた登米市の青年による運動を絶やすことなく次代へとつなぐ必要があります。
 まずは、来賓各位、支え続けていただいた先輩諸氏、多くの同志とこれからも明るい豊かな地域を目指し歩みを進めるために、御来場の皆様に対し敬意と感謝を伝える記念式典を開催し、節目の年から未来に向けた一歩を踏み出す我々の決意を発信し共感を得ることで、関係各界との連携をさらに強化します。そして、築き上げてきた友好関係を将来に渡り絶やさぬために、あふれるおもてなし精神で直接的に感謝を伝える記念祝賀会を開催し、参加いただいた皆様との結びつきを強固なものにします。さらに、50年間の長きにわたり紡いできた歴史を次代へとつなげるために、これまでの運動の軌跡を結集した記念誌を作成し発信することで、我々の運動の意義を多くの人の心へ刻み込みます。また、未来を担う若者たちに勇気をもって行動することの意義を伝えるために、先達の経験を学んでいただく特別事業を開催し、心に永遠に消えることのないインパクトを与えます。そして、現役メンバーとOBとの和を永続させるために、地域資源と我々の英知を融合させた記念事業を作り上げ、長きにわたって語り継がれるとめ青年会議所のレガシーを構築します。
 創立50周年を迎え、過去より現在まで積み重ねた実績と、地域を主導する存在として率先し行動することを体現できた我々は、その長い歴史の上にあぐらをかくことなく自らを磨き続け、愛する地域を照らし続ける存在となり、限りなく光り輝くとめを創造します。

事業計画

1.多くの皆様に敬意と感謝を伝える記念式典の実施
2.未来に向けた指針となる長期ビジョンの策定
3.あふれるおもてなし精神で直接的な感謝を伝える記念祝賀会の実施
4.50年の歴史全てを集約した記念誌の発行
5.強烈なインパクトで終生忘れることのできない特別事業の実施
6.長きにわたり語り継がれるレガシーの構築

理事長所信
事業報告
タイムカプセル
「10年後の目標」
2014年、創立45周年記念事業の一環として、とめ青年会議所メンバーと地元高校生が「10年後の目標」を書き、タイムカプセルに入れて埋めました。
開封日
2024年12月15日 Sunday !!
- あと -
Copyright © 公益社団法人とめ青年会議所 All Rights Reserved.