委員会紹介

  • HOME »
  • 委員会紹介

総務広報委員会

構成メンバー

担当専務理事 渡 邊 光太郎
委員長 鹿 野  徹
副委員長 佐々木 和 樹
委員 白 石 雅 人 / 渡 邊 慎 伍 / 伊 藤 真 人

委員会基本方針

 私たち青年会議所は明るい豊かな社会の実現を目指し、地域に根差した運動を展開してきましたが、次世代を見据えた地域を創造していく中で、どれくらいの地域住民に認知されているのでしょうか。当委員会では、市民に施策や事業内容を広く発信し地域を繋ぐ連携を新機軸として、市民主動によるまちづくりに能動的に関わる当事者意識の輪の広がりから、地域の魅力を最大限に活かした誇りに満ち溢れる登米市を創造することが必要です。
 まずは、総会、理事会並びに各会議に於いて有意義で活発な議論を交わすために、正確な資料を期日前に配信し確実な会場設営を行うことで、円滑且つ実りのある議事の場とします。そして、全メンバーが軌を一にして運動を進めるために、理事会に於ける確実な議事録の作成を行い事務局を通じて閲覧可能なファイルを設置することで、メンバー内での情報の共有化を図ります。さらに、私たちの運動を広く発信するために、リアルタイムに発信されるSNSとの連携からアクセス可能なホームページ、市民一人ひとりに届く広報紙等の各情報媒体に各委員会の情報を掲載し、広範に各事業の魅力溢れる情報を共有します。また、1年間より地域を巻き込んだ運動を展開するために、先輩諸兄をはじめ自治体や地域内各種団体をお招きした新年式典並びに祝賀会を開催し、友好を深めることで、強い連帯感とネットワークの強化を行います。そして、市民一人ひとりの自らの地域に対する誇りや郷土愛を高めるために、古来より受け継がれてきた伝統文化の長い歴史を掘り起こし地域住民との意識の共有を図り魅力を発信することで、市民の地域再考の場とします。
 私たちがLOMを縁の下で支え、地域の魅力の発展に向け行動する機軸となり、運動を起こした時、地域住民には次代を見据えた前向きな意識変革が起こり、市民一人ひとり自らの地域を考え率先して行動する輪となり伝播し、誇りに満ち溢れた登米市を実現します。

事業計画

1.総会、理事会の円滑且つ効率的な運営、資料及び議事録の作成
2.各例会の運営支援、記録の保管
3.新年式典並びに祝賀会の企画、開催
4.広域的で効果的な広報紙の発信並びにホームページの運営及び管理
5.地域再考~誇りに満ち溢れる登米の創造~
6.積極的な会員拡大

青少年育成委員会

構成メンバー

担当副理事長 松 永  努
委員長 杉 山 孝 俊
副委員長 猪 股 圭太郎
委員 加 藤 瑞 生 / 金 野 正 太 / 上 野  晃 / 伊 藤 清太朗 / 畠 山 俊 穂 / 三 浦  智

委員会基本方針

 近年、家族構成の変化や少子高齢化、地域社会内での人間関係の希薄化、コミュニケーションツールの発展などにより子供たちを取り巻く環境はめまぐるしい速さで変化しています。責任世代である我々は、未来のまちづくりにおいて主役となる子供たちが時代の変化に対応し成長していく過程で、郷土への愛着を持ち、仲間との絆を深め、多様な価値観に触れる機会を創出し、地域を牽引していく大人になるための成長を促す必要があります。
 まずは、子供たちの心身の健全な成長を促すために、ミニバスケットボール事業を開催し、努力や挑戦することの大切さを学ぶとともに、仲間との絆を深めることで、スポーツを通した人間形成を図ります。そして、子供たちにとってミニバスケットボール事業をより有意義なものとするために、バスケットボール協会やチーム関係者などと連携して実行委員会組織を立ち上げ構築することで、事業の充実化を図ります。さらに、子供たちの将来のまちを担うのは自分たちだという当事者意識を養うために、登米市子供議会において行政に対して自らの地域の問題点や有益な施策を意見し、議論を交わすことで、社会参画への意識を高めます。また、これまで以上に活発な子供議会とするために、これまで子供議会において子供たちが提言してきた意見や要望がどのように市政に反映されているかを子供たちとともに検証することで、子供たちの自発性と積極性を養います。そして、子供たちに生まれ育った登米市の魅力を再認識してもらうために、地域が抱えている問題や課題を子供目線から見出し向き合ってもらうことで、地域への関心を高め郷土愛を育みます。
 次世代を担う青少年がまちづくりの当事者の一人であるという自覚を持ち、仲間とともに自分たちの目線で物事を捉え、多様な価値観に触れて能動的に行動する中で成長した子供たちが、地域にイノベーションを起こせる人材となり、誇り溢れる登米市を実現します。

事業計画

1.登米市子供議会の開催
2.ミニバスケットボール事業の開催
3.地域の未来を作る人材育成
4.積極的な会員拡大

会員研修委員会

構成メンバー

担当副理事長 鈴 木 正 泰
委員長 岡 本 哲 志
副委員長 佐々木 雄 哉
委員 渡 邊 みゆき / 宮 地 浩 美 / 柳 川 晃祐太

委員会基本方針

 明るい豊かな社会の実現を目指して行動する市民意識変革団体として、我々が未来に向け地域に根差した様々な運動を展開していくうえで、会員一人ひとりが地域を牽引していくリーダーとなる事が重要であります。メンバー個々の意識向上からLOMとして組織力を強化し、今後の活動に拡がりを見せ互いに共感をし、地域を牽引する当事者としての意識と覚悟を持つとともに能動的に行動できる人財となる事を会員に啓発する事が必要です。
 まずは、地域を牽引していくリーダーとなる人財を見出すために、前年度から会員候補者リストを引き継ぎ、市内企業を調べリストの拡充を図り会員に有効活用してもらい、積極的な会員拡大に繋げます。そして、LOMの活動や運動に対する新入会員の共感を得て共に率先して行動するために、JCの理念を学んでもらう新入会員セミナーを実施し、JAYCEEとしての意識付けをします。さらに、責任と自覚を持つ誇りあるJAYCEEを育成するために、気概をもって運動を推進してきた会員を講師として、その経験から使命と責務をメンバーに伝える意識向上セミナーを開催し、地域を牽引する当事者意識の醸成を図ります。また、個人の資質を磨き地域を担う人財へ成長するために、知識や教養を学ぶ場を設け、青年経済人としてのスキルを高めます。そして、各事業への参加推進のために、コミュニケーションの活性化を図るフォローアップを行い、メンバー間の信頼関係の基盤を構築します。さらに、先輩諸兄や家族へ私たちの活動に今まで以上のご理解とご協力を頂くために、素直な心で感謝の気持ちを伝える交流事業を開催し、親睦を深めます。
 まちの未来を創る多くの同志より共感を得て、生涯のたからとなる強い絆で結び付き、地域を担う確固たる決意と意識を持つ人財へ目覚ましく成長した私たちJAYCEEが、地域を牽引するリーダーとして何事にも進取果敢な行動で誇り溢れる登米市を実現します。

事業計画

1.積極的な会員拡大
2.会員候補者のリスト拡充
3.会員の士気を高める意識向上セミナーの開催
4.青年経済人としてのスキルを高める事業の実施
5.新入会員セミナーの実施
6.会員と家族及び先輩諸兄との親睦事業の開催

地域力醸成委員会

構成メンバー

担当副理事長 石 塚 琢 磨
委員長 千 葉 隼 人
副委員長 熊 谷 英 敏
委員 武 川 吉 孝 / 桑 原 裕 也 / 志 賀 昭 洋

委員会基本方針

 政府は地方創生と銘をうち、地方が抱える人口減少等の様々な問題の改善を促す政策を展開していますが、同じような問題を抱える地域は国内に多数存在しており、登米市もその一つと言えます。この問題に当委員会は地域を牽引するオピニオンリーダーとしての確固たる自覚を持ち、他の地方都市に埋没してしまわない、能動的な市民と行政が協働して創り上げる、人と地域の魅力溢れる自立した持続可能な登米市を創造することが必要です。
 まずは、交流人口の増加を促し地域を活性化させるために、市外の多くの方々の参加が見込める東北風土マラソン&フェスティバルにて、登米市の特色や魅力を参加者へ広く発信し、市外の方々に登米市への再訪の意欲を持って頂きます。そして、登米市佐沼夏祭りを市民みんなの祭りであると感じて頂くために、市内の様々な祭り文化を取入れ市民一丸となる祭りを構築することで、市民の協働の精神を醸成します。さらに、登米市佐沼夏祭りを登米市の宝とするために、多くの神輿が練り歩く、勇壮で見る人を魅了する神輿祭を開催し、市外の方々も多く訪れる祭りにします。また、地域社会を支える地元企業や産業の衰退化を防ぐために、地元企業による企業説明会を開催し、求職や転職を希望する方々へ、市内の企業や産業の可能性を知って頂くことで、地域社会の発展や産業振興の原動力となる、将来の担い手を創出します。そして、市内外に多くの登米ファンを創出するために、ホームページやSNS等を活用し、地域の潜在的にある魅力はもちろん、地域に新たな価値を見出し、それらを広く発信することで、魅力的な地域へとブランディングします。
 当委員会が先頭となって地域社会の課題を先駆的に捉え、何事にも臆することなく青年らしく大胆な発想と行動力で、地域社会にイノベーションを起こしながら、どこにでもある地方都市ではなく、人と地域が魅力的なここにしかない誇り溢れる登米市を実現します。

事業計画

1.東北風土マラソン&フェスティバルでの地域の魅力発信事業の開催
2.東北風土マラソン&フェスティバルの運営
3.登米市佐沼夏祭り実行委員会の設置
4.登米市佐沼夏祭り事業の開催
5.地元企業や地元産業の説明会の開催
6.ホームページ・SNSを活用した地域の魅力発信
7.積極的な会員拡大

理事長所信
事業報告
タイムカプセル
「10年後の目標」
2014年、創立45周年記念事業の一環として、とめ青年会議所メンバーと地元高校生が「10年後の目標」を書き、タイムカプセルに入れて埋めました。
開封日
2024年12月15日 Sunday !!
- あと -
Copyright © 公益社団法人とめ青年会議所 All Rights Reserved.