委員会紹介

  • HOME »
  • 委員会紹介

総務広報委員会

構成メンバー

担当専務理事 猪 股 圭太郎
委員長 伊 東 孝 弘
副委員長 伊 藤 清太朗
委員 岩 渕 正 和 / 阿 部 博 文 / 熊 谷 英 敏

委員長基本方針

 新型コロナウイルス感染症は、我々の活動や運動に大きな影響を与え対面式の交流の場を減少させておりますが、新たな生活様式に対応した組織運営を構築する契機にもなりました。我々の生活に必要不可欠となったインターネットを活用し、これまでの会議等の方法を時流に即した形で改善し、登米市内外だけでなく多方面へのコミュニケーションや連絡の手段として活用しながら、我々は登米市の今を能動的に発信し続ける必要があります。
 まずは、通常総会を確実に開催するために、感染症対策を徹底した万全な体制を構築し、対応策を事前に周知させ理解を得ることで、会員が安心して参加できる環境を構築します。そして、組織として年間の事業を円滑に実施するために、インターネットを取り入れ様々な場所からでも参加できるようなハイブリッド形式での会議を開催することで、不測の事態に対応し開催が困難な状況でも乗り越えられる会議を実現します。さらに、とめ青年会議所がこれからも継続的な魅力ある組織として存続するために、次年度役員選考選出選挙を厳粛に行うことで、全会員から選出された委員を中心に次年度体制をスムーズに構築します。また、地域に必要とされる団体であるために、地域が抱える課題やまちづくりに関する有益な情報をいち早く収集し、SNSを活用しリアルタイムな情報を会員で共有することで、時代に即した有意義な運動を展開します。そして、我々の活動をより理解し賛同していただける方を増やしていくために、HPを適切に運用し各委員会の発信をフォローアップすることで、青年会議所としての活動や運動の魅力を広く積極的に発信します。
 日々、状況が変化する中で、我々は時代の流れに合ったやり方を取り入れ、多くの学びや気づきを得た会員一人ひとりが、これからの未来を創造する旗手となり、会員一人ひとりが参加できる光り輝く新たな組織を創造し、登米市の明るく豊かな未来を作り上げます。

事業計画

1.総会、理事会の運営、資料及び議事録の作成、管理保管
2.OB、賛助会員との親睦事業の企画運営
3.各例会の運営支援、記録保管 、担当事業の広報(SNS・HP)
4.HP管理、各委員会事業広報のフォローアップ
5.SNSの活用による会員相互の情報共有
6.会議資料の事前チェック
7.全力で取り組む会員拡大
8.事務局の清掃
9.担当事業の広報(SNS・HP)

会員拡大委員会

構成メンバー

担当副理事長 岩 渕  陽
委員長 熊 谷 正 史
副委員長 沼 田 健太郎
委員 加 藤 瑞 生 / 櫻 井 太 紀 / 渡 邊 光太郎

委員長基本方針

 本年のとめ青年会議所は卒業を迎える会員が例年より多く、会員数の減少による個々の負担の増大や組織の縮小は避けるべき課題であり、我々の運動を広く展開していく上で会員の拡大は必須となります。我々は一人ひとりが魅力あるリーダーとしての品格を持ちながら人の魅力が組織の魅力となり、新たな仲間たちの入会意欲が高まるような会員拡大を全会員が全力で取り組み、先輩諸兄から受け継がれた組織を継承していく必要があります。
 まずは、志を同じくする仲間たちと出会うために、前年度からの会員候補者情報の引継ぎと精査を行い、会員拡大の重要性を全会員に周知するとともに拡大ビジョンを共有し、会員候補者の情報を定期的に集約することで、全会員による積極的な会員拡大を行います。そして、会員一人ひとりが魅力ある人財となるために、青年経済人に必要なビジネスマナーアップ講座を開催し、リーダーとしての自己意識の改革を図ることで、自身の品格を高めます。さらに、我々が地域や会社を牽引する人財となるために、自身の思いを的確に伝える方法や、周囲の人々を惹きつける表現力を高める事業を開催することで、リーダーとしての伝える力を身につけます。また、積極的な会員拡大につなげるために、会員との親睦事業を開催し、我々が行う運動の魅力や楽しさを体感していただき、入会へのメリットを感じていただくことで、会員候補者の入会意欲を高めます。そして、我々の運動に対して家族や先輩諸兄からさらなるご理解とご協力を得るために、日頃の感謝の気持ちを伝える事業を開催し、かけがえのない時間を創出することで、より一層の深い絆を育みます。
 品格と表現力を備え魅力的な人財となり積極的に運動を展開する我々は、多くの新たな同志を巻き込み、その運動はより大きな発信力と影響力で地域に暮らす人々の心を惹きつけていき、明るい豊かな登米市の実現に向けて必要とされるとめ青年会議所を継承します。

事業計画

1.全力で取り組む会員拡大
2.積極的な会員拡大を行うための会員候補者リストの作成
3.品格を磨く事業の開催
4.自己成長を促す事業の開催
5.会員候補者を巻き込んだ交流事業の開催
6.会員並びにOB及び家族との親睦事業の開催
7.担当事業の広報(SNS・HP)
8.事務局の清掃

青少年育成委員会

構成メンバー

担当副理事長 志 賀 昭 洋
委員長 山 田 将 広
副委員長 近 藤  翼
委員 渡 邊 みゆき / 渡 邊 慎 伍 / 新 海 祐 太 / 千 葉 隼 人

委員長基本方針

 昨今の少子化や人口流出の問題は我々が住み暮らす登米市においても深刻であり、地域に対して愛着と誇りをもち、周囲を巻込みながら地域課題を解決へと導く未来のリーダーが求められています。我々は責任世代として、将来の登米市を担う子供たちの品位や道徳心、地域に対する郷土愛の心を育みながら地域発展に向けて同世代の仲間と真剣に考え、率先して行動に移せる時代を切り開く魅力的な大人へと成長を促していく必要があります。
 まずは、子供たちのまちづくりに対する当事者意識をもってもらうために、登米市子供議会に向けた子供議員就任式を開催し、これから自身の取組みが自己成長と地域の発展につながっていくことを認識してもらうことで、子供議員としての意欲と責任感を高めます。そして、子供たちに地域課題を解決する具体的なイメージを掴んでもらうために、普段の生活では触れる機会の少ない他の地域で取り組まれている先進的で持続可能なまちづくりの実例に触れる機会を提供することで、市政へ提言する際に必要となる知見を広げます。さらに、子供たちの地域の未来を牽引する大人への成長を促すために、登米市子供議会を開催し、子供たちが地域課題を的確に捉え、課題解決に向けて何が必要で何を変えるべきなのかを自ら考えて市政へ提言することで、まちづくりを担う当事者意識を確立します。そして、子供たちの道徳心や品位を育むために、徳育に有効であるラグビーの交流事業を開催し、技術面だけでなく犠牲心や敵味方問わない礼節や仲間と協力していく大切さを学べる機会を提供し続けるための基盤を構築することで、心技体の健全な成長を促します。
 品位と道徳心を兼ね備え、地域の担い手としての当事者意識が確立された子供たちは、地域課題と真摯に向合い、課題解決に向け率先して行動に移すことのできる地域を牽引する魅力的な人財へと昇華され、周囲を巻込みながら笑顔溢れる未来の登米市を創造します。

事業計画

1.登米市子供議会及び事前事業の開催
2.ラグビー交流事業の開催。
3.担当事業の広報(SNS・HP)
4.全力で取り組む会員拡大
5.事務局の清掃

地域の魅力創造委員会

構成メンバー

担当副理事長 杉 山 孝 俊
委員長 佐々木 雄 哉
副委員長 金 野 正 太
委員 松 永  務 / 石 塚 琢 磨

委員長基本方針

 昨年から続く新型コロナウイルス感染症の流行は、市民の意識だけでなく社会のありようにも大きな変容をもたらし、登米市の交流人口を支え地域発展の鍵となってきた数多くの地域資源に影響を与えています。新しい生活様式への適応が求められる中、責任世代と呼ばれ地域の未来を背負う我々は、この変容を危機であると同時に好機として捉え、他の地域に先駆けて、現在の社会情勢ならではの魅力と活力を地域にもたらす必要があります。
 まずは、政策を比較して投票する「政策本位の政治選択」を促進するために、市民一人ひとりが登米市の未来について真剣に向き合うことのできる公開討論会を開催し、候補者がそれぞれの政策を市民に説明する機会を設けることで、市民の主権者意識を醸成します。そして、幅広い年代の民意を反映した選挙を実現するために、投票率が低調に推移する若年層を念頭においた公開討論会を構築し、地域の未来に対して一票を投じることの意義と責任を自覚してもらうことで、低下する投票率に歯止めを掛け政治への関心を高めます。さらに、登米市の持続可能な発展に貢献するために、同じ志をもった他の地域団体と連携を図り、地域のたからであるイベントを適切な形式へ再構築して開催する手助けをすることで、地域と市民の活力につなげ変容した社会における新しい地域の魅力を創造します。また、会員一人ひとりを登米市の魅力を理解した最高の発信者とするために、直接足を運んで地域の自然や文化、歴史を学び、感じることのできる事業を開催することで、会員一人ひとりが地域を知るだけでなく、それぞれがもつ愛着と誇りを一層強いものとします。
 社会の変容に適応し、新たな価値をもった地域の魅力が最大限に発信され、未来と向き合い行動できる全ての市民が満足し愛着と誇りをもてる、住み暮らす人びとにとっても訪れた人びとにとっても魅力にあふれた、活力のある持続可能な理想の登米市を実現します。

事業計画

1.地域社会の健全な発展を目的とする事業の開催
2.担当事業の広報(SNS・HP)
3.地域の魅力継承委員会へのフォローアップ
4.全力で取り組む会員拡大
5.事務局の清掃

地域の魅力継承委員会

構成メンバー

担当副理事長 杉 山 孝 俊
委員長 境  哲 男
副委員長 山 内 健太郎 / 髙 橋 英 之
委員 近 藤  充

委員長基本方針

 400年あまり続いている登米市佐沼夏祭り、そして6回目の開催を迎える予定だった登米市神輿祭も新型コロナウイルスの影響で2020年度の開催が中止となり、地域の活力が失われつつあります。我々は、人と人とのつながりや地域振興の起爆剤となり大きな力を生み出すことができる祭りを通して、歴史を創り上げてきた先人達の想いと地域の魅力を継承し、明るい豊かな登米市への希望を抱き、地域に活気を取り戻す必要があります。
 まずは、登米市の更なる発展に寄与するために、我々が先頭に立って市民を巻込み、市民と一体となって登米市佐沼夏祭りを地域の代表的な祭りに昇華させることで、地域の活力を取り戻し市民に希望をもたらします。そして、登米市民が誇りに感じ訪れた人びとが憧れる地域にするために、各種神輿団体の協力を得て壮麗かつ雄大な神輿渡御を行うことで、登米市神輿祭の魅力を登米市内外に伝播します。さらに、直接参加することが難しい方々にも登米市佐沼夏祭りの雰囲気を感じていただくために、当日その場に居なくとも観覧いただける環境を設けることで、誰もが笑顔で楽しむことができる祭りを構築します。また、登米市佐沼夏祭りの到来を告げ市民の参加意欲を高めるために、迫支援学校の生徒児童の皆さんと祭りに向けた準備を共同で行い、迫川に架かる3本の橋に提灯を設置して橋を彩ることで、情緒溢れる夏の風景を創りだします。そして、登米市佐沼夏祭りを次世代へ継承していくために、地域の活力となる祭りであることを関係諸団体と共有し改善点を話し合い引き継ぐことで、その時代にあった地域のたからとなる祭りへと発展させます。
 先輩諸兄が弛まぬ努力により築き上げてきた歴史を継承し、混沌とした情勢下であっても歩みを止めることのない我々の運動で創り上げられた笑顔や活気に満ちた登米市佐沼夏祭りが、次世代へ新たな歴史と希望をつなぐ礎となり、明るい豊かな登米市を実現します。

事業計画

1.登米市神輿祭の開催
2.とめJC夏祭り実行委員会の設置
3.地域の魅力創造委員会のフォローアップ
4.全力で取り組む会員拡大
5.事務局の掃除
6.担当事業の広報(SNS・HP)

理事長所信
事業報告
タイムカプセル
「10年後の目標」
2014年、創立45周年記念事業の一環として、とめ青年会議所メンバーと地元高校生が「10年後の目標」を書き、タイムカプセルに入れて埋めました。
開封日
2024年12月15日 Sunday !!
- あと -
Copyright © 公益社団法人とめ青年会議所 All Rights Reserved.