青年会議所とは

  • HOME »
  • 青年会議所とは

青年会議所とは、奉仕・修練・友情を信条としてより良い社会づくりを目指す青年の集まりです。1949年、明るく豊かな社会の実現を理想とし、次代のリーダーとなる責任感をもって、お互いに切磋琢磨しようという情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。共に向上し合って、社会に貢献しようという理念は瞬く間に全国に拡がり、各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
 現在、全国に709の青年会議所があり、約36,840人の会員が、JC運動の三つの信条「奉仕・修練・友情」のもと、民主主義を守り、自由経済体制の確立による、よりよい社会づくりをめざして、ボランティアやまちづくりから、行政改革、地方分権などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、国境を越える交流や地球環境保全など世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

JC宣言

 日本の青年会議所は 混沌という未知の可能性を切り拓き個人の自立性と社会の公共性が生き生きと協和する確かな時代を築くために 率先して行動することを宣言する。

網領

 われわれJAYCEEは社会的・国家的・国際的な責任を自覚し志を同じうする者相集い力を合わせ青年としての英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな社会を築き上げよう。

青年会議所の特性

 青年期の的確なトレーニングと実戦経験が優れた人材を育てます。 青年会議所には、品格ある青年であれば人種、国境、性別、職業、宗教の別なく、 自由な個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を集結し社会に貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。すべての会員は40歳を超えると現役を退いてOBにならなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。各地青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られています。 青年会議所は、一人ひとりの会員が優れたリーダーシップを持つ社会人となるためのトレーニングを行う団体です。1年ごとに様々な役職を経験することで、会員は豊富な実戦経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。例えば政界では120人を超える国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

国際青年会議所(JCI)について

 自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズリー州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ、アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。1944年には「積極的な変革を創り出すのに必要な指導者としての力量、社会的責任、友情を培う機会を若い人々に提供することにより、地球社会の進歩発展に資すること」を使命に、アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマの8カ国によって国際青年会議所(JCI)が発足。その後、年々加盟国は増え、日本も1951年に加盟、JCIの一員として新たな活動の一歩を踏み出しました。現在、JCIは98NOM (国家青年会議所)が加盟、会員数26万人以上の世界でも最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約200万人以上のOBがいます。毎年11月には世界会議が開催 され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。日本では今までに東京、京都、大阪、名古屋、神戸が会場となり、2000年には札幌で開催 されました。

とめ青年会議所とは

とめ青年会議所とは とめ青年会議所は、昭和45年に全国で451番目に設立され、登米市を活動エリアとして、「明るく豊かな社会」の実現を理想とする、情熱ある20歳から40歳までの青年男女の団体です。
 宮城県内にはとめ青年会議所を含めて、11の青年会議所が設立され、それぞれの地域で活躍しています。

公益社団法人日本青年会議所 東北地区 宮城ブロック協議会
公益社団法人日本青年会議所
東北地区協議会
宮城ブロック協議会(みやぎJC)
(公社)とめ青年会議所
(一社)あぶくま青年会議所  (一社)気仙沼青年会議所
(一社)石巻青年会議所    (一社)さくら青年会議所
(一社)泉青年会議所     (公社)塩釜青年会議所
(公社)おおさき青年会議所  (公社)白石青年会議所
(一社)栗原青年会議所    (公社)仙台青年会議所

とめ青年会議所の主な活動

子どもたちの育成

 未来を担う子どもたちの健全育成のために、各地ではさまざまな青少年事業を展開 しています。学校・家庭・地域の架け橋となるべく活動を行っています。

募金活動

 JCでは地球に住むすべての人々が幸福であるようにとの願いから、世界各地の発展途上国の教育・医療の設備資金や、被災地復興のための資金として、4万人を超える会員が1日5円募金を実施しています。また国内外での被災発生に対しても、素早く義捐金募集を行い救済に協力しています。

ボランティア

 子どもや障害者、留学生たちと共に自然とのふれあいキャンプなどを開き、自然から受ける感動、人種を超えた交流のすばらしさを伝えていきます。また、阪神淡路大震災の際には多くの会員がボランティアとして活動、復興に協力致しました。奉仕活動はJCの信条の一つでもあり、青年に与えられた責任であると考えます。

地域特性を活かしたまちづくり

 各地のJCでは、市民や行政の共感を得ながら、地域の特性を活かしたまちづくり運動を展開しています自らが先頭に立ち、環境美化や地域の魅力再発見、伝統の復活など、自分たちの住む地域の活性化に若いエネルギーを燃やしています。

対話がつくるよりよい社会

 JCではよりよい社会づくりのためにLOM・ブロック・地区・全国単位で様々な会議を開催。まちづくりから行政改革、教育問題・環境問題にまで活発に議論しています。

スポーツ振興

 子どもから大人まで各地でいろいろなスポーツの大会を開催。スポーツが与えてくれる喜びを通じて、地域の人々の心と身体の健康促進を図っています。

自己トレーニング

 JCでは様々な活動においてリーダーシップを発揮できるように、独自のプログラムを作成。常に実践的なトレーニングを行い、全会員の能力向上に努力しています。

理事長所信
事業報告
タイムカプセル
「10年後の目標」
2014年、創立45周年記念事業の一環として、とめ青年会議所メンバーと地元高校生が「10年後の目標」を書き、タイムカプセルに入れて埋めました。
開封日
2024年12月15日 Sunday !!
- あと -
Copyright © 公益社団法人とめ青年会議所 All Rights Reserved.